--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/12/02 (Thu) No.23 meltdown

-断片集-
No.23 meltdown

カタカタと、細かい振動が僕の身体を伝う。

つり革にかけた右手の指が、長時間の負荷で真っ赤になっている。そろそろ持ちかえてもいい頃合だ。

身体を少し捻って、隣の座席を見る。

君は無防備な寝顔を晒しながら、ゆったりとした寝息を漏らしている。



『世界が溶けている』

最初にこう表現したのは誰だろう。

テレビで見た専門家か、通っている大学の教授か、ネット上の一般人か。

よく覚えていないけれど、とにかく何処かで見た。世界は、溶けていると。



太陽の下で置いてけぼりにされたアイスクリームのように、ドロドロと溶けていく訳ではないらしい。

ある大きな事故のせいで、生物が住むことのできない場所が出来た。そしてそれは徐々に拡大している。

そんな状態を表現したというのだ。


僕たちは、東に向かっている。

僕たち以外にも、沢山の人があてもなく旅している。ただただ溶け行く世界から離れたくて。


父さんと母さんは、僕の言うことを何も理解してくれなかった。

いずれ誰かが止めてくれる。だから心配はいらない。

そう言って、全く変わらない日常を垂れ流すだけだった。

多くの人は、僕の両親と同じ意志を示したのだろう。

大きな変化もなく周り続ける社会が、それを物語っていた。


だから僕は飛び出した。

いずれ蝕まれる日常に留まること。それは死ぬことと同意義な気がしたから。


だから僕は君を攫った。

大好きだった君を、そんな灰色の空間に閉じ込めておきたくなかったから。



ほんの数週間前に別れを告げた男が、恐ろしい形相でドアを叩いている。

そんな状況で、よく君は話を聞く気になってくれたと思う。

最初は冗談だと思っていたのだろう。

聞いているときの半分は怒っていて、半分は苦笑いを浮かべているだけだった。


今思えば相当に粘着質だったとは思うけれど、僕は何度も君を説得した。

最後の決心の要素の一つに、お父さんと大喧嘩中ということが含まれていたのが、少し腑に落ちないけれど。


ちょっと長めの家出のつもりで君は攫われてくれたのだろうか。

それとも、一度は離れてしまった僕との関係を取り戻そうとしてくれているのだろうか。


窓からさす夕陽を顔全体に浴びて、眩しそうに身体を捩じらせる君。

何の夢を見ているのか、僕には分からない。


そろそろ右手が限界だ。

つり革を左手に持ち替えて、感覚の鈍った右手で、君の頬をなでる。

君の表情が、少し優しくなった気がした。



行けるところまでは行こう。

普段見ている路線図の、ずっと先。

運賃なんか知りもしない、初めての街。

降りたら次を考えよう。無計画なこの旅を、君の性格ではむしろ楽しんでくれるかもしれない。


溶け続ける世界に取り残された僕たち。


最後の地では何を見ることになるのか。

そんな想像はまだしなくて良いだろう。


今は君を連れて、ひたすらに進むだけ。

旅はまだ、始まったばかりだ。




さて、お久しぶりの作品投稿となりました。
設定自体はものすごくわくわくしながら書けました。
しかし練れない。悩んだ挙句設定のみで突き進んだ感じです。笑
物語としては成立していませんが、これからいろいろ広がりを考えられそうで気に入ってます。

断片集 | trackback(0) | comment(6) |


2010/11/22 (Mon) もう一度。

もう一度。もう一度、始めたいと思います。

前も同じことを言ってすぐに躓いたけれど。

書きたまっているどころか、書き方を忘れてしまっているけれど。

少しでも衝動がわいたときに。



「境界線」、再開します。

日記 | trackback(0) | comment(2) |


2010/05/25 (Tue) No.22 僕と君の3ミリ

-断片集-
No.22 僕と君の3ミリ

あれは大学生になったばかりのことだ。
高校を卒業して、離れ離れになったけれど、僕と君の関係は変わらなかった。

大学生になって初めてのデートということで、僕は少し格好をつけて君を美術館へと連れて行った。
二人とも、美術品の類の知識は持ち合わせていなかったから、単純に視界から受ける刺激に感動していた。

西洋画の立体的な迫力には興奮したし、彫刻の精密さには知れず溜息が洩れた。

こんな場所に来るのは初めてだったものだから、不安も多分にあったけれど、結局こういうデートもいいもんだねと笑い合った。

そんな中で、特に印象に残った作品があった。
それは大きなガラスのオブジェクト。
ちょっと歪んだ丸が二つ並べてある。

小さなへこみや、ゆるやかなカーブがぴたりと一致している、二つの丸。

僕たちは、何故かそのオブジェクトの前で立ち止まっていた。
どちらも感嘆の言葉を口にするわけでもなく、けれど一瞥して歩き出すわけでもなく。

「何か、いいよね」

暫くして、君がぼそっと言った。
そうなんだ。素人の僕たちは「何かいい」としか感じることができない。
単純にその「何か」をこのオブジェクトからは強く感じるんだ。

ぼーっとしたままだった視線を、ゆっくり下へと向けると、小さく書かれた解説があった。

僕はそれを読み上げる。

「男女のすれ違いを表現した、二つの円。
 一見、その殆どが一致しているようだが、僅かなずれが生じている。
 それは微かなものだが、どうあっても重なることはない。
 無理に合わせようとすれば、ガラスが忽ち砕けてしまうのである」

一通り読みあげると、君が小さく叫んだ。

「本当。ここだけ形が違う」

君が指さす場所を、目を凝らして見てみる。

それは、本当に僅かな違いだった。
片方はほんの少し出っ張っていて、もう片方はほんの少し引っ込んでいる。

僕は、切ないと思った。
ただこれだけの差が、二人の間にすれ違いを生むのか。

隣を見ると、君と目が合った。
何を言えばいいのだろう。

「僕たちは、大丈夫だよね」

やっとのことで絞り出した言葉。
確認。僕たちは、そのずれを、違いを、愛することができるのか。

「もちろん」

君は、にこりと笑いながら答えた。
流石、君だ。





美術品というのは、各地の美術館を移動するものらしい。
何度か訪ねたけれど、あのガラスのオブジェクトに出会うことはなかった。




あれから何年も過ぎて。
ふと目に入った、一枚のポスター。
それは新しく設立される、美術館のものだった。
化粧品の会社が運営しているようで、自社製品の歴史と共に、社長が趣味で集めたものを展示するらしい。

いくつか紹介されている中、目にとまった作品があった。
それは、いつか見た二つの円。
何か運命のようなものを感じた。呼ばれているような、そんな気配が。

週末、僕は美術館に向かった。
入ったとたん、ガラス張りの空間がぐわあっと広がっていて、化粧品会社らしく洒落ていると感じた。

あの作品はどこなのだろう。
二つの円だけを目指して、僕はずんずん進む。

後で気づいたけれど、焦るあまりパンフレットを受け取り忘れていた。
きちんと受け取っておけば、すぐに位置が分かるのに。

それでも、僕は大丈夫だと思った。
自分が進む先で、待ってくれている気がした。

そして。

僕は、辿り着いた。
ガラスで作られた、少し歪んだ二つの円。
なぜだかこの作品だけは、少し広まった場所に置かれていた。
収集好きの社長も、この作品を気に入っているのだろうか。

そんなことを考えながら、鑑賞しやすいよう設けられたベンチに腰を落ち着かせる。
あのとき君が見つけた違い。最初から分かっていると、少し離れたここからも確認できた。

ゆったりとした時間が過ぎてゆく。

もうどれくらい眺めていただろう。

僕は未だ見つめていた。ガラスの円を見ているのか、想い出を見ているのか、分からなくなっていたけれど。

隣で、ぽすっと軽い音がした。
ベンチは殆ど空いているのに。

甘い香水の香りが漂った。
どこかで嗅いだことがある。僕は少し頭を巡らせた。

ああ、そうだ。
ここに来るまでに迷い込んだ、化粧品の展示コーナー。
歩いていて、ふと思ったんだ。
君の好きそうな、甘い香りだと。



僕はまた、目の前の円に意識を移す。



僕は、切ないと思った。
ただあれだけの差が、二人の間にすれ違いを生むのだ。


あくびを一つする。隣でも小さく一つ。
少し伸びをする。隣では咳ばらい。


互いにタイミングを図っていたというのに。
いざ口を開くと、声が、重なった。


「「久しぶり」」



久しぶりに小説を載せてみました。
今回は可能な限りコンパクトにしようと。実際とても短い。描写少ない。
自分の中だけの勝手な設定が多すぎる作品です。
読んでいただく中で、いろいろ妄想していただけるとありがたいです。笑

それでは。

断片集 | trackback(0) | comment(6) |


2010/04/12 (Mon) 再始動。

いろいろ辛いときもあったけど、今は随分と余裕が出てきました。
授業が本格的に始まってくるので、またひーひー言うことになるかもですが。笑

やっぱり自分にとって文を書いたり、読んだりするのはとても重要なんだと感じた最近。

といっても本はほとんど読まないんですけどね・・・汗
いろんな人のブログとか、創作を見るのが大好き。

また鬱陶しくお邪魔すると思うので、よろしくお願いします。



さて。
カウンターですが、無事100を突破しました!ありがとうございます!!
300は行きたい。そのためにも更新頑張ります。

ツイッターでやってみて、お題で書く楽しさがちょっと分かったので、300行ったらお題もらって書きたいです。というか書かせてください。

なんかぽわぽわして上手く記事が書けない。
小説のほう、ちょっと頑張ってきます。



曲紹介。

久しぶりにニコニコから。
Just Be Friendsは自体は何十回と聴いてますが、この人のは今日知りました。
アレンジがすごくいい。最後まできちんと聴くと、心に響くものが絶対にあります。泣けてきます。


もう好きすぎて何も言えない。好き。

日記 | trackback(0) | comment(6) |


2010/04/11 (Sun) No.21 汚いお姫様

-断片集-
No.21 汚いお姫様

すうっと煙を肺まで流し込む。
紫色で満たされた後、ゆっくり吐き出す。
喉元を這い上がってくる瞬間、頭にくらくらとした衝撃が走る。

たまらない感覚。

堕落した生活の中で、私はこうも腐ってしまったのか。

電子音が、四方八方を跳ね返りながら耳穴に飛び込んでくる。

五月蠅い。五月蠅い。五月蠅い。

ならば出ていけばいい。簡単なこと。
それでも出来ない。今の私は、ゆったりと腐りながらこの場にしがみ付くことしかできない。

細長い照明が、舐めるようにホールの中を周っていく。
妖しい暗闇の中、踊り狂う人々が一瞬だけ照らされ、また黒につぶされる。

馬鹿だ。

あいつらは本能のまま、人間であることを捨てて、踊っているのだ。

私は断じて違う。
この場所から傍観しているのだ。

ただ行くあてがないものだから、暇つぶしに煙を吸って、吐いて、眺めているだけ。

淀んだ空気に、汚い煙は簡単に混ざり合った。
もくもくと形を変え、最後には吐きだした本人の髪にゆっくり着地して、その臭いを染み込ませる。

ここから出たら5分もたたないうちに、警察に捕まるだろう。
今は随分と厳しくなっているだろうから。

どういうわけかこの場所だけは安全だった。
どうせ何か汚い裏の理由があるのだろうけれど。

もう寝ることにしよう。なんだか疲れている。
次で最後にしようと、いつもより深く吸う。
一杯になって、鼻のほうへと漏れ出てくる煙。
思いっきり吐くと、塊になった紫色が空中で笑っていた。

知らないよ。私は何も知らない。
これ以外の生き方を、私は知らないんだよ。

「君は踊らないの?」

横になった私に、語りかけてきた男がいた。
私は不機嫌そうな顔を作って、ゆっくり起き上る。

男はなれなれしく隣に座ってきた。
積み上げられた吸殻を見て、苦笑いを浮かべている。

「こんな不味いもの、よく吸えるね」

私はさらに顔を不機嫌そうにする。

「鬱陶しい。あっち行って」

「そう言わずにさ。踊らない?」

「踊らない」

すぐに答えて、深く座りなおす。
この体勢のまま寝てしまおう。

腕を組もうとしたとき、右手をいきなり掴まれた。

「出よ」

びっくりして目を開くと、満面の笑みを浮かべた男の顔があった。

そのまま引っ張られる。
立ち上がること自体久しぶりで、転んでしまいそうになる。
もう片方の手で、男は私の身体を支えた。

「随分細いな。骨だけみたいだ」

「う、うるさい」

「ふふ、さあ、行こ」

抵抗する間もなく、男は私を出入り口へと引っ張っていく。
足を動かすタイミングがよく分からなくて、一歩の動作の度に転びそうだった。

「ちょっと待ってよ」

叫んでやりたかったけれど、喉の調子もずっと悪かった。声が出ない。

「大丈夫だよ。俺にまかせて」

何なのだ。まかせるも何も、私はお前を知らない。
ここから外に出て、生きる術も知らない。
私を、どうする気なんだ。

何も言えないまま、男とともに外に出た。
何年ぶりかの外気。
けれどそれは中と大して変わらず、淀んだ重いものだった。

私と男は歩いた。
灰色で塗り固められた地面の上を。
灰色で組み上げられた建物の脇を。
灰色に染め上げられた天井の下を。

だんだんと歩き方を思い出す。
少しずつ速度が上がって、小走りのような格好になる。

分かっている。早くしないと、捕まる。

私の不安を嗅ぎ取ったのか、男はこちらに向き直って、また満面の笑みを作った。

「よいしょ」

急に男の姿が消えたと思ったら、後ろに回り込んでいて、それに気付いたときには私の身体は持ち上げられていた。

あれだ、と私はすぐに思った。

お姫様だっこ。

「いくぞお」

そんなに私の身体は軽いのだろうか。
何の苦もなさそうに、男は私を抱えたまま走る。

曲がったガードレールを跳び越え、細い路地裏をくぐり抜け、走る、走る。

抱えられながら、私はずっと思い出していた。
いろいろな部分に靄がかかっていて、所々が欠けていて、とてもおぼろげな記憶だったけれど。
私が汚れていなかった頃。好きあっていた彼。

顔が思い出せないよ。あんなに好きだったのに。
声が思い出せないよ。あんなに好きだったのに。

それでも、男が駆ける度、私の身体が揺れる度、少しずつ、少しずつ浮かび上がってくる。

そうだ。馬鹿な約束をした。
恥ずかしい、口にするだけで赤面してしまうような。
けれど、私と彼は、それを何の臆面もなく交わせるような、そんな関係だったのだ。

どんな約束だったっけ。

一つ揺れれば、一つ靄が晴れて、一つ欠片が戻ってくる。
私は下から男の顔を見上げた。
相変わらずの笑顔。
見ていると、なんだかほっとしてしまう。

だんだんと、じんわり私の中身が見えてきた。
寂れていた記憶が、鮮やかになってくる。

はっとする。

そうだ。今ちょうど、あの約束を果たしているのだ。

『私をお姫様だっこして、街中を走ってよ』

なぜこんなことを思いついたんだっけ。
読んでいた漫画かなにかに憧れていたのかな。

くすりと笑いながら、もう一度男の顔を見上げる。

揺られる中で、気付いていた。


男は、彼だった。
間違いなく、好きあっていた、彼だった。

「降ろして」

そう言うと、彼はすぐに私の身体を地に降ろした。
私のこんなところもよく理解しているのだろう。

私は彼が好きで、彼は私が好き。

だから。

だから、私は拒絶しなければならない。

腐った私を、未だに気にかけてくる彼を。
何年も前と全く同じの、穏やかな笑顔を振りまいてくる彼を。

「私と一緒にいたら、駄目だよ」

悲しそうな表情を浮かべる彼。
ずるい。今こそ笑ってくれなきゃいけないときなのに。

こちらに一歩近づいてきて、彼は言う。

「何年も、待っていたんだよ」

「ごめんなさい」

「やっと、会えたんだよ」

「ごめんなさい」

私は俯いてしまう。泣いてしまいそうだった。

もう一歩近づく。顔は目の前だ。

彼が手を伸ばした。
ぼさぼさの私の髪を、軽く撫でて整えてくれる。

やめて欲しい。
その髪は汚れているから。
彼が嫌った、あの臭いが染み付いているから。

涙が出てきた。一筋だけ。後は我慢する。
唇を噛みしめる。血の味がした。

ふっと、一瞬息が止まった。
目を見開く。
彼が、私の細い身体を抱きしめていた。

とても強い力。
離さない、そう言われている気がした。

髪に頬を擦り合わせてくる。
嫌いじゃないの?
もう一度、好きあってもいいの?

こちらから声をかけようとしたとき、サイレンの音が響いた。
遠くで鳴ったはずなのに、ぐんぐん近づいてくる。

また一瞬息が止まったと思ったら、お姫様だっこの形に戻っていた。

溜めていた涙が溢れる。

離してとは言えなかった。
声も満足に出ないのに、涙がぼろぼろとこぼれているこの状態で、言えるわけがなかった。

「いくぞお」

彼は勝手だった。私と同じくらい勝手だった。

彼の胸の中でうずくまりながら、服を強く掴んだ。
清潔な香り。かつて嗅いでいた、懐かしい彼の香り。

汚れてしまった私との違いを理解してしまって苦しい。
それでも彼は、私を連れていくのだろう。

警察を出し抜いて、追手を振り切って。私を知らない何処かまで、連れていくのだろう。

私の身体は本当に軽いのだろうか。
何の苦もなく走っている彼だったけれど。

その目には、薄く涙が浮いていて。
唇を噛みしめて、こぼれるのを我慢していた。

「ありがとう」

私はそうつぶやいて、彼の胸に頬を付ける。

この香りに包まれていよう。
染み付いてしまった汚れが落ちるまで、彼に包まれていよう。

そして、いつか。

いつかでいいから。

全部を謝って、償って。

綺麗な衣装を着て。彼はいつも以上の笑顔で。

周りの人たちが顔を赤くしてしまうくらいに。

お姫様だっこをしてもらいながら、街中を走ろう。

彼はきっと約束してくれる。何の臆面もなく。

私と彼は、そういう関係なのだ。



題材[淀んだ,踊り子,目覚める,]シリアスな感じでやってみよう! http://shindanmaker.com/9025 #sdai

と、ツイッターのお題メーカー?で出たので書いてみました。
踊り子ってなんか違うとか、シリアス?とかは気にしないでください。笑
内容が薄く、あっさりしすぎてはいますが、自分では好きな作品になりました。

断片集 | trackback(0) | comment(6) |


<< back | TOP | next >>

プロフィール

黒目

Author:黒目

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。