--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/08/31 (Mon) No.12 blank map

-断片集-
No.12 blank map

「白地図って知ってる?」
俺の横を歩きながら、彼女は突然そんな風に言う。
一通り今発せられた言葉を頭の中で繰り返してみるが、耳にした覚えはない。
「なにそれ?」
正直に、彼女に問う。
「輪郭だけの、まっさらな地図のことだよ。」
さらりと説明して、彼女は紅く染まり始めている空を見上げる。
それっきり口を閉じてしまったものだから、俺はなにも理解できずに、黙って歩く。

ざっざっざっざ。ざっざっざっざ。

でこぼこの道を踏み進めていく音が、小気味よく並んで鳴る。
まだまだ通い慣れていない道だったけれど。
車は滅多に通ることはないし、他の生徒もほとんど見当たらない。
大好きな彼女と一緒に歩くには申し分ない道だ。

「私たちみたいじゃない?」
ぼうっとしていると、また突然彼女は言った。
「何が?」
少し驚きながら、慌てて返す。
「だから、白地図。」
意味の分からないことを言う。
彼女はその頭の中でいつもポエムなんかを考えているらしいから、発言がいちいち凝っていることを、今更ながらに思い出した。
「何で?」
説明を求めて、問う。
「だって。
 今年から私たち、高校生だけどさ。
 まだ、就きたい仕事とか、何にも決まってないじゃない?」
小さな笑顔を作りながら、彼女は続ける。
「まっさらなんだよ。私たち。
 これから三年間、いろんなことから刺激を受けてさ。
 いろんな記号とか色をつけられていって。
 少しずつ、作り上げていくんだよ。」
ふわりとこちらを振り返りながら話す彼女は、きらきらと輝いて見えた。
「それで、いつか大人に近づいたら、まだまだ未完成なその地図を広げて、不安だけど ゆっくり歩き始めるんだ。」
もう一度空を見上げて、彼女は大きく両手を広げた。
勝手に一人で話を終えて、悦に浸っている。
この会話の中で俺の言葉なんてほとんどなかったかもしれないけど。
これが俺たちのいつもの会話で、いつもの心地よい距離感。
だけど、男として、受け手にまわってばかりもいられないから。
笑顔を作って、言う。
「じゃあ、今のところ、その地図の真ん中に描かれているものは?」
彼女は、俺との距離をくいっと詰めて、笑顔で言う。
「それは、もちろん―――」
手を繋ぐ。
まだまだ、なにもない俺たちだけど。
ゆっくりでいいから、一緒に歩いていこう。
そう思った。



つい先程コミュの「断片小説」に載っけたものです。
なんかめっちゃ恥ずかしいものを書いた気がしますぜ。
某コミュニティサイトをやりはじめた頃(高1の初め)に書いた日記の内容をSS風にしてみたものです。
あの頃は希望に満ち溢れていたのですな。今は死んだ魚の目のような・・・笑
あ、女の子は実在しませんよ。
日記内容は白地図についての考えだけなので。笑
というか、FILE2も書き終わってないのにこんなことしてていいのか。
でもなんとなくこういう『高校生ノベル』も書けるんだぜっていう微妙なアピール。
青臭いだけですか。ごめんなさい。
スポンサーサイト

断片集 | trackback(0) | comment(8) |


<<【FILE2】佐久間都の場合 | TOP | これでも物書きです。>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

鏡味がこうゆうの書くのってめずらしいよね^^
めちゃ新鮮な感じで楽しめたよ☆
「恋」と「白地図」ていうのがすごくいいi-233

これからもこうゆう系のやつ
書いてってよ^^

2009/08/31 23:47 | ゆうと [ 編集 ]


 

コミュで読んできたコウですこんばんはー笑
高校生ノベルなのにこのクオリティ...Σ!?もうどっかの電波は筆を折ったほうがいいですね折る筆なんてそもそもないですが\(^o^)/
「彼女」がめっさコウのタイプですきっと二年後には略奪愛gゲフン異論は認めます 笑

あっあとリンクに入れさせていただいてもよろしいでしょうか...?きっとSTK先になりますががががg(((

2009/08/31 23:47 | コウ [ 編集 ]


 

うん
おもしろかった

読む側に考えさせる内容の話しって好きだな
答えが無いだけに
いくらでも悩めるし
自分でこれだって思っても……


こういう女の子いたら
惚れちゃうかも
てか元々の理想だったり


夏休みの最期におもしろいものが見れてよかった

2009/09/01 00:44 | DUMMY [ 編集 ]


 

>ゆうと
感想ありがとー!!
「白地図」ってのを見つけたときは良い素材見つけたぜ!って印象がすごかった。
んでもこういう感じの続けるのは難しい。
アイディア出てこん。汗
俺の中は鬱成分が7割くらい占めて・・・多分嘘。

2009/09/01 00:46 | 黒目 [ 編集 ]


 

>コウさん
コミュのほう見ちゃいましたか!
黒目の電波は今でもバシバシ発信中ですよ(意味が分からない 汗)
略奪愛w
取れるモンならよろしくです。笑

リンクの件ですが是非是非!!
もう何回でもしちゃってくださいなー

2009/09/01 00:49 | 黒目 [ 編集 ]


 

>DUMMY
おお、いらっしゃい!
読んでくれる側がいろいろと想像してくれて、いろんな解釈が生まれたなら作家冥利に尽きるというものです。

なんか知的に言い回してくれる女の子とかいたら惚れるけどな。俺は。笑

>夏休みの最期におもしろいものが見れてよかった

おお!めちゃくちゃ嬉しいことを言ってくれるじゃないか。
まだいろいろと書きたいことあるから頑張るよー

2009/09/01 00:54 | 黒目 [ 編集 ]


 

断片集、読ませていただきました。

とても爽やかで、色にたとえたら白に近い薄桃色のような。

素敵ですね。女の子のキラキラした感じとかも好きです。

忙しいかもですが、作品楽しみにしています。



2009/09/01 20:11 | ツーヨン [ 編集 ]


 

>ツーヨンさん
感想ありがとうございます!
白に近い薄色桃。
素敵な表現ですな~
こんな風に言ってもらえるとはー 光栄です。

パワー出てきたんで執筆頑張りますね~!

2009/09/01 21:36 | 黒目 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://black6i1.blog24.fc2.com/tb.php/82-d5e8828e

| TOP |

プロフィール

黒目

Author:黒目

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。