--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/07/19 (Sun) No.10 暗がりによせて


-断片集-
No.10 暗がりによせて

いつからだっけ いつの間にか僕は迷い込んでる

繋いだままだった光の端が 知れず手からすり抜けてた

あと何歩で出口? 答えなんてそう簡単にもらえるものかい?


斜め上に拡がり続ける  大丈夫?――大丈夫。

無色を染める

暖かい場所に留まりたいなんて それはもう終わったことだろう



どれくらいだっけ 僕はまだ彷徨い歩く

差し出された無数の手を 知らないフリして小石を蹴った

あの光まで何歩? そんなもの見えてもいないだろう?


冷たい角度に渇いていく  失速?――窒息。

無意味に続く

終わらせ方なんて分かってるけど 見えないなにかが足りないのかな




暑い空気に白い息をくゆらせて 僕はもう一度と足を前に出す

自分が一番嘘つきだからと 恥もその内に秘められたのなら



掠れた声でも綴る  再行?――最高。

別れを送る

思ったとおりの 深そうでちっぽけな暗がり

僕はそっと 新しい風を浴びた







詩を書いて見ました。
かなりありがちな印象ですが、今まさに自分がその中にいたので。変に捻くれず。率直に。
タイムリーなネタもちょっと入れてみたり。
体調も崩して、いろいろ考えて、結果はやっぱり単純でした。
後半は願望の状態ですが。

最近は本当に下がりっぱなしでちょっと深刻な状態だったので、ここからだんだんと調子を上げていきたいです。

スポンサーサイト

断片集 | trackback(0) | comment(2) |


<<キャッチコピー | TOP | No.9 鬼籍に登る>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

作品、ありがとうございました。
彷徨い歩くっていうところ、とても共感が持てました。
言葉の掛け合いが面白かったです!

受験、本当にきついですよね。
でも逆にそれさえ終わればひと段落。

あたたかで美しい花々に囲まれたうららかな春が訪れますよ。
飛んでいく紋白蝶や、桜の花弁が散りゆく様を見るたびに自分は「ここまで頑張ったんだ」って胸を張れるはずです。

たぶんいかに睡眠をとるかが重要になるのだと思います。
同じく最近持病が出てしまった自分が言う資格はないと思うのですが、あまり、無理はしないでくださいね。

デモンズソウルみたいに肩貸しあって生きていきましょうぜb

2009/07/21 22:19 | ツーヨン [ 編集 ]


 

>ツーヨンさん
暖かいコメントありがとうございます。
結構なトコまで沈んでいたので、一連のコメントで元気がでてきました!

睡眠、自分はあまり意識していないのが駄目なんでしょうね・・・
今度からはきちんと一定の睡眠をとるよう心がけていきます。

受験勉強についても中々に迷走中だったのですが、それよりも文章が書けなくって書けなくって。
試験期間中にこれまでにないほど膨大なアイディアが浮かんでたはずなんですけど、もう表現が全く出てこなくて。
なんだか異様に悔しいやら悲しいやらで、すっかり落ち込んでおったところでありました。

でも、大分調子が上がってきました。
一旦、途中書きだったものを全てストップさせて、今はとにかく衝動に任せて新しいものを書いてます。
自己満足以外のなにものでもないのですが、ただ楽しいので書いてます。笑

ツーヨンさんも、お体にお気をつけて。
ニコ動の「ソウル体ってそんなものね」を時々みながらがんばっていきましょう!笑

2009/07/21 22:48 | 黒目 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://black6i1.blog24.fc2.com/tb.php/67-3efe149e

| TOP |

プロフィール

黒目

Author:黒目

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。