--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2009/06/13 (Sat) ラルス・カヌス あとがき

最後まで読んでいただいた方、本当にありがとうございます。

さて、作中では主要登場人物全員が病気の鬼畜な小説ですが、作者本人はその方面の知識が皆無で、病名などは全くでてきません。汗
それでも、想い人が患っていて、後半にそれによって別れが近づく・・・といった展開は既に使い古されている今日において、多少のオリジナリティーは出せたかもしれません。

最終章においてシュウとアヤ以外の人物の行動が突然すぎるのが気にかかると思いますが、当時最後に限って頭が働かなくなってくるという、悲しすぎる力量の不足によるものです。

しかし、本人としては荒すぎる現状が気に入っているので、恐らくこのままです。
(もしかしたら加筆修正するかも)


誤字脱字や問題点の指摘など喜んでお受けしますので、是非感想と共にお願いいたします。
黒目でした。

スポンサーサイト

小説-ラルス・カヌス- | trackback(0) | comment(10) |


<<No.6 エソラゴト | TOP | -5- ラルス・カヌス>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

はじめまして(*^□^*)

ラルス・カヌス全部読ませていただきました(≧ω≦)
面白かったです(≧ω≦)


五人全員が病気とは…(´Д`)

気になるのはやっぱり、作中語られなかったところですか(。・ω・。)
マコの過去・夢
コウの見たかったもの
ダイスケのお金
アヤのウサギ・カモメを見たかったわけ
などなど…
キーワードが気になってしまいます(m'□'m)

でも多くを語らないのもいいのかも(≧ω≦)


楽しめたことに違いはないので(*^□^*)


ではでは長文失礼しました(・∀・)ノ

2009/06/14 00:29 | でんで太鼓 [ 編集 ]


 

でんで太鼓さん、感想ありがとうございます!!

おっしゃるとおり、物語に多大な影響を及ぼす数々のものが曖昧で、語られずに終わっています。
進行上での、ご都合主義としての設定もあるといえばありますが、それぞれの行動理念やバックグラウンドはきちんと考えてあります。多分。

そんな曖昧な部分を、イラストを織り交ぜたものや、サウンドノベル化するといったことも考えていたんですが、まだまだ手付かずの状態です。汗
でも、いつか必ず作り上げたいと思っています。

>楽しめたことに違いはないので(*^□^*)

この一文、本当に嬉しいです!!
読んでいただけただけでも嬉しいのに、楽しめたと言われたらもう・・・

でんで太鼓さん、貴重なご意見、ご感想ありがとうございました!
是非是非また「境界線」にいらしてください。

2009/06/14 08:33 | 黒目 [ 編集 ]


はじめまして 

「ラルスカヌス」読ませていただきました^^
不思議な気持ちで読んでいました
最後の最後にどんでん返し(幸せになるとか)があるのかなぁっとちょっぴり思ったりしながら読んでいました(自分がハッピーエンドが好きなもので^^;)
残りの3人の話は気になりますが、物語を書く中、主人公が多いほど話がまとまらなくてぐしゃぐしゃになるんですよね^^

でも、この話は入りやすかったです☆

ではでは失礼いたしましたm(--)m

2009/09/01 17:03 | 狗楼夜桜 [ 編集 ]


 

>狗楼夜桜さん
はじめましてー!!
訪問&感想ありがとうございます!!
今回は流石にハッピーエンドへと運んで、それに説得力を持たせるというのはできないと思いました。
あれだけ絶望的だと描写してしまっているので。
だけど、それぞれが置かれた立場においては、「希望が叶った」という点で幸せにしてあげられたのではないかなと思っています。(描かれているのは二人だけですが 汗)

狗楼夜桜さん、ご感想本当にありがとうございましたー!
是非是非またいらしてくださいー!

2009/09/01 17:34 | 黒目 [ 編集 ]


 

こんにちは^^
以前言った通りに読ませていただきました。

途中このタイトルの意味って何だろう?って
何度か思いながら読んでいたのですが、
カモメの学名だったんですね。
読み終えて良い題名だとおもいました*
「シュウの希望でアヤの夢」
素敵です+*。
作中で語られなかったそれぞれの過去や
コウが望んだもの、マコとダイスケが目指したもの
など、色々気になるところです*

素敵小説をごちそうさまでした^^←

お邪魔しましたノシ


2010/03/07 17:12 | 葉月 梓 [ 編集 ]


 

>葉月 梓さん
読んでいただけて嬉しいです!ありがとうございます!

タイトルは自分でも気に入っていたので、褒めていただけるとめちゃくちゃ嬉しいです!!

作中で語られなかった部分が多いというのは、自身でも感じているところなので、一から書き直そうかとこっそり画策しておりますw

これでも一応設定は考えてある・・・はず。はずなんです。
いつかボリュームアップで再登場したときはよろしくお願いしますw

ご感想、本当にありがとうございました!

2010/03/07 19:22 | 黒目 [ 編集 ]


初めまして 

初めまして。篁(たかむら)と申します。
僕のブログにご訪問いただきありがとうございました。

『ラルス・カヌス』、引き込まれるように一気に読んでしまいました。
「死」というのもが現実として目の前に突きつけられたとき、人はどう思い、どう行動するのだろう・・・そういう事に興味があります。
やり遂げられなかった夢に挑戦し続けるのか、誰かのために尽くすのか・・・。
悲しいけれども、読み終えてなんだか温かい気持ちになれました。

僕も作家を夢見て頑張っています。
お互い楽しんで創作を続けていきましょう!

2010/03/14 14:55 | [ 編集 ]


 

>篁さん
いらっしゃいませっ!!
書いたのは高一の頃で、「悲しい」状況が感情移入しやすいだろうと、単純な思考で書き始めました。
今となっては、随分と軽薄に、重いテーマを扱ってしまったなと思いますが、大分自分自身変わってきているようで。
読み直してみるとあらゆるところで、篁さんがおっしゃる、「葛藤」のような描写が甘いと痛感します。
現在、この作品を書き直そうかと思っていますが、「死」というテーマを扱う以上、よく練って丁寧に綴っていきたいと考えています。

書いていたときのイメージが、「悲劇」だけれど、まっすぐに何かを目指して進んでいく、そんなパワーを持ったものにしたかったので、悲しいけれど温かい気持ちになれたというのは、最高の褒め言葉です!ありがとうございます!

これからも楽しみながらまったり頑張っていきます!
あと、篁さんの本、発売楽しみに待ってます。読みたいっ!!

2010/03/14 20:52 | 黒目 [ 編集 ]


こんばんは。 

温かいコメントありがとうございました。
高一のときの作品でしたか。
凄いですね。全く軽薄には感じませんでしたよ。
僕が作家になりたいって思ったのは大学生の時です。
高校生の頃は、大人に絶対なりたくないと頑なに思っていた頃ですね。暇さえあれば、読書してました。
自分の書いた過去の作品を練り直す作業は大変ですが楽しいものです。苦しいこと楽しいことを経験して、見る視点も変わってくるかもしれませんね。

話は変わりますが、黒目さんのブログをリンクに追加させていただきました。相互リンクもしくはブロともになっていただけると嬉しいです。もしお気に障るようでしたら、仰ってくださいね。

2010/03/15 20:00 | [ 編集 ]


 

>篁さん
こちらこそ、感想ありがとうございました!
まずは未完のままの作品を終わらせられるように頑張ります。
その後、高一の頃の自分と向き合いながら、変化した、新しい視点を取り入れてもう一度書きたいと思います。

リンク、ブロともの件ですが、大歓迎ですっ!!
これからもよろしくお願いします!

2010/03/15 20:57 | 黒目 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://black6i1.blog24.fc2.com/tb.php/45-927dc0aa

| TOP |

プロフィール

黒目

Author:黒目

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。