--/--/-- (--) スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |


2010/02/12 (Fri) No.17 COLOR&COLOR

-断片集-
No.17 COLOR&COLOR

真っ白な空間。

病室。

二人。

君と僕。

会話。

他愛もない会話。

紡ぐ。

紡ぐ。

紡ぐ。


色って、人によって見え方が違うらしいよ

よく聞く話だ

そう。よく聞く話

それがどうかしたのかい?

この世の中は、沢山の色で彩られているでしょう

そうだね。色がなかったら、君も僕も輪郭だけだ

その輪郭さえも怪しくなるけれど。私が言いたいのは、美術家が散らした絵の具も、焼き付けた山頂からの景色も、毎日こちらを見下ろしてくる空の姿も、全てが一人一人に違う専用のものであるということ

随分とロマンチックだね

逆。私とあなたはずっと一緒にいるのに、同じものは一つも見ていない。悲しむところでしょう

そんなものかな

そんなものよ


会話の終了。

緩やかな沈黙。

重くもない。

軽くもない。

優しい沈黙。

窓際に向かう。

カーテンを開く。

差し込む光。

白に映える光。

口を再び開く。



雪が降ってる

本当。綺麗ね

綺麗だけど、見ているものは違う?

そう。この雪の白は、あなたの黒かもしれない

それは怖い。黒が降ってくるなんて勘弁だ

だけどそれが私の白かもしれない

この感覚も君と僕とで異なるということ?

それは分からないよ

でも君は僕と一緒にいる

そう。一緒にいる

時々分からなくなるよ

それでもいるよ



不思議な距離。

心地よい距離。

他愛もない会話。

けれど少し変わった会話。

僕は振り回される。

相変わらず君は。

ポエムなんかを、ずっと考えている。



思いつきで始まって、そのままのノリで書いて、そのままのノリでリンクさせました。
とにかくいろいろとチャレンジしてみました。まさにこのカテゴリにふさわしい。
さらっと流して読んでいただければ幸いでありまする。
スポンサーサイト

断片集 | trackback(0) | comment(3) |


<<もちまろ。 | TOP | やっほい>>

comment











管理人のみ閲覧OK


 

ひとりひとり見える景色とそれに付随する価値観は全く違うと わかっていてもかなしいですよね 「色」という表現にどきどきしました

2010/02/13 10:26 | コウ [ 編集 ]


 

白い空間にいる二人が色の話するっていうのが「君と僕」に何かがあった感じてしまします。特に君のほうに。
文字に色をつけるのいいですね!本じゃ出来ない表現。ネットならではの技ですね!使いたい!!

2010/02/13 23:13 | ホチ [ 編集 ]


 

>コウさん
時々こんなこと漠然と考えてしまいますね。
書いてて自分自身よく理解してないのが駄目なところですが。笑

>ホチさん
色つけるのは初めてやってみました。
試しに携帯で見てみたら非常に読みにくくて焦りましたが。笑
またいろいろチャレンジしたいと思います。

2010/02/16 14:03 | 黒目 [ 編集 ]


trackback

trackback_url
http://black6i1.blog24.fc2.com/tb.php/108-7ab76fc0

| TOP |

プロフィール

黒目

Author:黒目

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。